寄居

今日は寄居のお寺で札書きの手伝いである。車にガソリンを入れてから出発した。風布集落に車を止めて寺まで登る。御昼を戴いてから、本堂で取りかかる。暑い。水分補給しつつ取り組む。暑い。筆もいつも使っているものとは違うがなんとか書き終える。密教の話をしながらいろいろと手伝いできるのは希有なことと思う。そこに自分の研究の鍵があるような氣がする。毎月の作業であるが理趣教のリズムなども自然と頭に入る。自分にとって陀羅尼が今のところの関心のあるところである。下山する頃には、日は暮れていた。
広告
カテゴリー: 随想 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中