応徳温泉

所用で都内から列車で群馬県応徳温泉に宿泊した。以前と変わらぬ佇まいで、定宿の部屋、料理、風呂は素朴ながらほっとする空間である。吾妻線は新線付け替え区間を走る。翌日は送迎バスで不動大橋、移設された不動堂にも祈りを捧げる。応徳温泉の特徴は、湯ノ花が黒いことである。草津よりはぬるめであるが、長く浸かっていると、じわじわと熱さを体感できる。自治会の研修ではあるが、非日常空間で癒やされたのは非常に感謝感恩であった。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中